平成30年度(第3回)認定「とよた世間遺産」発表しました!!

平成30年度(第3回)認定「とよた世間遺産」17件を発表しました!

今回は、応募期間を長くしたり、掲示板への投稿やテーマを設定したりして、

認定候補の一般募集を改善してみました。

認定候補は調査中に発見したものも含めて30件。

それらを慎重に審査して認定した候補の一覧をホームページ上で公開しました。

 

 

平成31年3月17日には、スカイホール豊田で行われる

WE LOVEとよたフェスタにおいて、関係者への認定証贈呈を行う予定です。

また、同会場内でとよた世間遺産の紹介ブースも出展します。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    小西恭子です。 (木曜日, 21 2月 2019 22:43)

    広梅橋の親柱のコメントに、梅村源次郎さんの寄付が大半なのですが、西広瀬の有志が2割だったかのお金を出していることも入れて欲しいです。
    資料を明日にでも、発見館から写メします。
    梅源さんにだけ出させては、と、当時西広瀬の方方も出されたそうです。

  • #2

    地域人文化学研究所 (金曜日, 22 2月 2019 01:56)

    小西 様
    ご指摘ありがとうございます。
    地元の方々の寄付の話は存じており、
    コメントについても梅源さんの寄付をきっかけに橋が架けられた旨を表現したつもりでしたが、
    (特に東広瀬町にある梅源さんの顕彰碑と合わせての認定を強調したく。)
    梅源さんの寄付だけで架けられたと誤解されそうな表現となってしまったということですね。
    実際には寄付の内大半が梅源さん、残りを地元の方々で出し合ったと聞いています。
    架橋によって三河鉄道・東広瀬駅の利便性が向上する西広瀬の方が多く出したとも。
    すでに地元区長さんにこの一覧表をつけて認定のご案内を郵送したので、
    地元からのご意見もうかがいながら、
    修正について対応させていただきます。
    今後ともよろしくお願いいたします。

   ロゴマークその1
   ロゴマークその1
   ロゴマークその2
   ロゴマークその2

Facebook

新着情報

地域人文化学研究所」に参加しませんか?

この扉、入るや?出るや?