寿ゞ家再生プロジェクト作業報告(3月21日)

今回は、茶室南側の庭を整備しました。

まずはイタチよけ(と聞いている)として撒かれていたアワビの貝殻と、

割れたガラスの破片を取り除きます。

 

次いで、建築当初の地面の検出作業です。

ずいぶんと土が堆積して基礎の木の部分まで覆っていましたので、

湿気の影響を極力抑えるため、余分な土を取り除きました。

 

そして、茶室屋根からの雨樋の先、

雨水が流れる道を確認です。

寿ゞ家はどうにも雨仕舞への配慮がないような。。。

樋の先が考えてあるのか?

 

土を土地覗いていくと、水落としがありました。

とりあえずここをきれいにして

今回の作業は終了。

 

画像左上から:作業前の様子(貝殻が散らばっています。)→集めた貝殻とガラス片など→堆積していた土を取り除いた面→茶室の布基礎検出→雨樋の先・検出前→見つかった排水?→一応の完成形


新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

4月

13日

寿ゞ家の宴開催のお知らせ

2月の「新春の宴」までの節句ごとの宴を改め、

新たに「寿ゞ家の宴」を始めます。

できるだけ定期(当面は2月ごと)に

寿ゞ家での宴(集い)を催したいと思います。

 

初回は、4月27日(土)午後6時30分から。

場所は、寿ゞ家本館2階大広間

参加は、それぞれ好きな飲食物の持ち寄りで御随意に。

出入り自由です。

ついでながら

寿ゞ家再生プロジェクトへの寄付として500円/人をいただければ幸いです。

 

 

そして、話題提供者はいけばな作家・アートプロデューサーの

かとうさとる氏です。

 

適当に寿ゞ家の時空を楽しんでいただけるのも良し、

話者の話に聞き入るのも良し、

皆様のお越しをお待ちしています。

 

なお、予め参加していただける方は、

 

地域人文化学研究所のメール(catalyst-r@live.jp)へお知らせくだされば幸いです。

 

0 コメント