寿ゞ家のケダモノについて

寿ゞ家は外と中の空間があいまいな、まじりあう部分があり、

良く言えば開放的な、

悪く言えばいい加減な空間構成となっています。

そのため、外から猫というケダモノの侵入が時折あります。

 

整備を進めていく中で、やつらの侵入を防ぐため、

侵入経路と思しきところを一つずつつぶしています。

ただし、彼らも私たちがここに出入りする以前から

地蔵小路の主のようにいた訳で、

その存在も無碍にはできません。

 

折り合いをつけながら、空間の安全性を確保し、活用を図りたいと思います。

 

画像は、新館と本館をつなぐ渡り部分に、

奴らの侵入を防ぐために置いたコンパネですが、

見事にケダモノの足跡がつけられていました。

(この空間は外に解放されているため、ちゃんとした仕切りを設置する予定です。)

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

4月

13日

寿ゞ家の宴開催のお知らせ

2月の「新春の宴」までの節句ごとの宴を改め、

新たに「寿ゞ家の宴」を始めます。

できるだけ定期(当面は2月ごと)に

寿ゞ家での宴(集い)を催したいと思います。

 

初回は、4月27日(土)午後6時30分から。

場所は、寿ゞ家本館2階大広間

参加は、それぞれ好きな飲食物の持ち寄りで御随意に。

出入り自由です。

ついでながら

寿ゞ家再生プロジェクトへの寄付として500円/人をいただければ幸いです。

 

 

そして、話題提供者はいけばな作家・アートプロデューサーの

かとうさとる氏です。

 

適当に寿ゞ家の時空を楽しんでいただけるのも良し、

話者の話に聞き入るのも良し、

皆様のお越しをお待ちしています。

 

なお、予め参加していただける方は、

 

地域人文化学研究所のメール(catalyst-r@live.jp)へお知らせくだされば幸いです。

 

0 コメント