寿ゞ家再生PJに足助中学校3年C組有志参上!

先日、総合学習で講師をし、
寿ゞ家も案内した足助中学校3年C組の有志・6名の女子が
寿ゞ家再生PJの作業に参加してくれました。

 

今回、地蔵小路の景観整備の作業を手伝ってもらいました。
まずは花苗を植えるための場所の整理作業からです。


花苗はこちらであらかじめ用意していましたが、

現場での配置は、 彼女たちに考えてもらい、植え付けまでまかせました

 

一時的に雨が降ったので、その際には大広間の掃除をしました。

やることはまだたくさんあります。

雨が止んだら、再び花の植え付け作業をしてもらいました。

 

そして、見事に地蔵小路の第1次整備完了です。

 

作業に参加した感想を聞くと、

「今回の作業は楽しかった、また参加したいです。」と言ってくれました。

こちらとしてもうれしいです。

次回は8月10日。またお待ちしています。

 

みんなと一緒に、またみんなに支えられてこの小路の景観が育っていくといいな、と思います。

足助の町並みにお立ち寄りの際には、ぜひ地蔵小路の新たな景観をご覧ください。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント