寿ゞ家の看板

 寿ゞ家の看板を複製しました。(左が元の看板・右が複製した看板)

 寿ゞ家で発見した看板を元に、足助の大工さんに同じ大きさ同じ材質の板をご用意いただき、足助の塗装屋さんにご協力いただいて痕跡に見られる同じ書体を書いてもらいました。

 年明けから寿ゞ家再生プロジェクトの活動日などに、北側玄関の門に掲げてみたいと思います。


新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント