「十三夜の月見の会」開催報告

10月25日は旧暦の9月13日。いわゆる十三夜の月見の日です。

昨年度、寿ゞ家では旧暦8月15日の中秋の名月に月見をしました。

十五夜だけではなく十三夜の月を愛でる日本独特の風習にかこつけて、今年はこの日に月見の宴を催しました。

宴と言っても用意するものはただ寿ゞ家の場、それだけです。後はご参会の方々がそれぞれ飲食持ち込みで同じ時を過ごし、そこに集まった方次第で一期一会の面白いことができればそれが何よりのコトです。

寿ゞ家の特別の眺めと雰囲気、そして何よりご参会の皆様のおかげ様で、今年の月見も大変楽しい会となりました。

月見の会、十五夜もしくは十三夜、もしくは両方、続けていきたいと思います。ご興味のある方は是非、この特別な会を逃さずご参集ください。


新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

4月

13日

寿ゞ家の宴開催のお知らせ

2月の「新春の宴」までの節句ごとの宴を改め、

新たに「寿ゞ家の宴」を始めます。

できるだけ定期(当面は2月ごと)に

寿ゞ家での宴(集い)を催したいと思います。

 

初回は、4月27日(土)午後6時30分から。

場所は、寿ゞ家本館2階大広間

参加は、それぞれ好きな飲食物の持ち寄りで御随意に。

出入り自由です。

ついでながら

寿ゞ家再生プロジェクトへの寄付として500円/人をいただければ幸いです。

 

 

そして、話題提供者はいけばな作家・アートプロデューサーの

かとうさとる氏です。

 

適当に寿ゞ家の時空を楽しんでいただけるのも良し、

話者の話に聞き入るのも良し、

皆様のお越しをお待ちしています。

 

なお、予め参加していただける方は、

 

地域人文化学研究所のメール(catalyst-r@live.jp)へお知らせくだされば幸いです。

 

0 コメント