寿ゞ家再生プロジェクト活動報告(11月28日)

寿ゞ家の南庭、ようやく形が見えてきました。

発掘によってごろごろと出てきた岩たちに悩まされ、

作業をするたびに変化する状況により、設計変更を繰り返しましたが、

当初考えていた基本形はなんとか保てました。


庭の中央に谷をつくり、建物の湿気を減じるための排水を兼ねます。

新館から庭への出口から見て、石の大橋越しに深い谷を望みます。

谷の右側の庭には、

元の庭にあったモチノキを中心にしたやや平らな空間。

反対側の左側の庭には、元あった灯篭を崩してできた石の柱を立て、

谷から立ち上がる垂直方向の石の山を形作りました。

茶室へ向かう蹲踞は元の庭そのままに使い、その先は地蔵堂庫裏に続く通路になります。

その通路はこれからの整備になります。

そして、もうすぐここに新たな塀ができます。

そうなればまた景色もずいぶん変わります。


寿ゞ家の新たな庭がもうすぐ誕生します。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント