寿ゞ家再生プロジェクト活動報告(6月20日)

寿ゞ家再生プロジェクト、と言いつつも、

今回の作業は地蔵堂庫裏の付属小屋の解体作業です。

10時前から作業を始めて、片付け・清掃を含めて午後3時半頃に終了しました。

発生材は、解体業者さんによる運搬処理をしてもらいました。

寿ゞ家の茶室の外壁があらわになったり、

解体した小屋以前の痕跡や茶室増築の無理な手法を観察したり、

トイレの瓶も出てきたりと、興味深い眺めもありました。

 

今年度は、この場所をいかに活用できるようにするのかが大きな活動の一つです。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Tam Struck (月曜日, 23 1月 2017 08:52)


    Post writing is also a fun, if you be familiar with after that you can write or else it is complex to write.

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

7月

01日

7月の活動日のお知らせ

6月の活動日のお知らせです。

(1)

日時

 7月13日(土) 午前10時~午後4時頃

場所

 寿ゞ家(豊田市足助町本町15)周辺 

内容

 寿ゞ家再生プロジェクト作業


(2)

日時

 7月27日(土) 午前10時~午後0時頃

場所

 幸福寺(豊田市畝部西町屋敷51)

内容

 化学技術者の先駆け・宇都宮三郎翁の遺品類手入れ・公開と解説


その他

 7月27日(土)は、宇都宮三郎翁の遺品類を手入れしながら、代表理事が翁の足跡などについて紹介します。

 また、同日27日の午後6時30分から、寿ゞ家(足助町本町15)にて、

「参州足助寿ゞ家界隈芸術祭」準備のための夜咄(第3回)を開催する予定です。