中日新聞豊田版で「とよた世間遺産」が記事になりました!

7月21日付の中日新聞朝刊豊田版で、当研究所が進めている「とよた世間遺産」認定事業についての記事が掲載されました。小さな試みを取り上げていただいた記者さんに大変感謝しています。

現在は認定候補の募集を主にWeb上で行ってきましたが、新聞に取り上げられたことで応募が増加するなど、今後の反応に期待しています。

どうかとよたにある、皆様の身近にある面白いヒト・モノ・コトをぜひご推薦ください!

 

この「とよた世間遺産」については、

趣意書にも記載しましたとおり、

とよたの面白いヒト・モノ・コトを手掛かりに、地域としてのとよたをもっと面白くするための活動です。

「世間遺産」そのものは、とよただけのものではなくそれこそ世間一般に当然のようにあり、

各地でその存在を認めて保存や活用の取り組みがされています。

当研究所の取り組みも「世間遺産」を囲い込むことなく、

身近にあって当たり前になっているけれど、

後世に引き継いでいきたい遺産の価値を、広く認め合いたいというものです。

世間遺産にとよたという地域を冠しているのは、

いうまでもなく世間様のものである様々な事象から、

この地域を面白くするために遺産を資産としての運用を図ることや、

面白いという価値や物語を定義するためなど、遺産を認め合う共通認識を明確にするためです。

とよた世間遺産が盛り上がり、

より広い意味での世間遺産ともお互いにイイネと言い合えるようになることを密かに期待しています。

 

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

6月

11日

寿ゞ家「夜咄」開催のお知らせ

「参州足助寿ゞ家界隈芸術祭」をやってみようか!?と

企画など夜に談義する会です。

 

日時:令和6年6月22日(土) 午後6時30分~午後8時30分頃

場所:寿ゞ家本館(豊田市足助町本町15) 2階大広間

内容: 発起人で現代いけばな作家・アートプロデューサーの、かとうさとる氏を話題提供者として、

   企画の方向性を探ることになりそうです。(どうなるかは現場次第w)

参加費等:無料。ただし、御自分が飲食するものはご持参ください。(皆さんと一緒に飲食するものも歓迎)

その他:

・足助の町並みやアート、面白いコトに興味がある方、何かコトを起したい方など、できるだけ多くの人に関わっていただき、楽しみながらやらかしたいと思っています。

・怪しい会ではありませんが、上記に関わらず怪しい人(他者を否定するような人の類い)の参加はお断りします。

・ちなみに「芸術祭」は地域人文化学研究所の主催ではなく、ワイワイと皆さんで作る実行委員会の主催になる予定

・今後、月1回程度の頻度で定期的に開催予定です。

0 コメント