8月7日(日)「とよた世間遺産」認定候補第1次募集を終了しました。

 

 とよたのオモシロいヒト・モノ・コトを共有して、地域をもっと面白くするための「とよた世間遺産」認定事業の第1次募集を締め切りました。

 

第1次募集では、応募のあった案件と当研究所が調査候補としている案件を合わせると30件が認定候補となりました。ご応募またご協力いただいた方々には、心よりお礼申し上げます。誠にありがとうございます。

 

今後は候補物件の内容を整理・審査し、8月から9月にかけて応募者や現物の調査を行い、9月末に認定会議、10月上旬に第1回目の認定発表を行う予定です。

 

 どのような価値が生み出されるのか、お楽しみに。

 

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント