寿ゞ家再生プロジェクト活動報告(2月19日)

 

今回は、小路苑の今年度の庭園整備をどのように区切りをつけるかを確認し、

中庭から土嚢袋10袋分の土を運ぶなど、その準備作業をしました。

 

その他、夕方から「足助踊りの会(仮)」で大広間を会場として貸し出したり、

次週には視察を受け入れたりするため、室内の掃除を行いました。

 

 

足助の町並みでは中馬のおひなさんが開催され、

多くの観光客がおひなさんを見て回っています。

寿ゞ家もおひなさんを飾っていますので、

普段は静かな地蔵小路から中通りにも人の流れがあります。

 

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント