とよた世間遺産(10)「家下川の人造石樋門(葭池樋門)」

明治用水の用水路が家下川を跨ぐためにつくられたトンネル。明治33年に造られており、人造石工法によるトンネルとしては現存最大級の規模。自然河川の上を人工用水が通り、さらその上を東名高速道路が通るという、水の立体交差が見られる。

(遺産種別:モノ)

新着情報

Facebook

研究所標章

とよた世間遺産標章