活動報告(2月10日・11日)

足助の町並みで「中馬のおひなさん」が始まりました。

寿ゞ家再生プロジェクトの一環として参加した

おひなさんの展示も今年で4回目となります。

 

10日は、その中馬のおひなさんの初日。

寿ゞ家も玄関を開放して、おひなさんをご覧いただきました。

そして、いつものとおり地蔵小路にも仕掛けを。

これは当日飾り付けしました。

 

11日は、おひなさんの公開とともに、

新館の庇を簡易修繕。

トタン板が腐食して下地が見えてしまっている部分に、

アルミ板を差し込んでおきました。

1階の庇はこのように仮にでも修繕できますが、

おそらく2階の庇も同様の状態と考えられます。

早めにきちんと手を入れたいところですが、

さて、いつ資金の目途がつくやらです。

 

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント