活動報告(12月分)

12月の活動報告です。


8日には、稲武地区富永町で、

約150年ぶりに復活した集落のお祭り、

おびんずる様感謝祭が行われました。

今回はこの裏方で運営支援をさせていただきました。


当日、事前予約の60名を遙かに超える

80名(大人のみ)の参列者がお越しになり、

地元の方々を含めて100名を超す人が

8戸の富永町のお祭りに参加したことになります。

お祭りは、おびんずる様の説明に始まり、お坊様の読経、ありがたいお札の配布、餅投げ、五平餅や地元の野菜汁などの振る舞いまで

富永の人たちの心意気に満ちていました。

遠くは名古屋や豊田市南部からも

参列された皆さんが、

とても良い笑顔でお帰りいただき、

地元にも良いご縁と功徳になったと思います。


同日夜には、名古屋で足助ゴエンナーレの打ち上げがあり、

足助とアートをつなぐ交わりを深めました。


そして

寿ゞ家再生プロジェクトの活動です。

クラウドファンディングの返礼品の準備(食器類の洗いや陳列など)

改修工事への設計打ち合わせ、諸手続、そして物の移動などの作業をしました。


22日には初めて

返礼品を受け取りにお越しになった方をお迎えし、

寿ゞ家の中を案内して今後の計画もご説明し、食器類を選んでいただきました。




新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

6月

11日

寿ゞ家「夜咄」開催のお知らせ

「参州足助寿ゞ家界隈芸術祭」をやってみようか!?と

企画など夜に談義する会です。

 

日時:令和6年6月22日(土) 午後6時30分~午後8時30分頃

場所:寿ゞ家本館(豊田市足助町本町15) 2階大広間

内容: 発起人で現代いけばな作家・アートプロデューサーの、かとうさとる氏を話題提供者として、

   企画の方向性を探ることになりそうです。(どうなるかは現場次第w)

参加費等:無料。ただし、御自分が飲食するものはご持参ください。(皆さんと一緒に飲食するものも歓迎)

その他:

・足助の町並みやアート、面白いコトに興味がある方、何かコトを起したい方など、できるだけ多くの人に関わっていただき、楽しみながらやらかしたいと思っています。

・怪しい会ではありませんが、上記に関わらず怪しい人(他者を否定するような人の類い)の参加はお断りします。

・ちなみに「芸術祭」は地域人文化学研究所の主催ではなく、ワイワイと皆さんで作る実行委員会の主催になる予定

・今後、月1回程度の頻度で定期的に開催予定です。

0 コメント