とよた世間遺産認定取り消しについて

平成30年度(第3回)とよた世間遺産に認定された

「大椿の山水の恵み」について、

認定発表後に推薦人であり活動主体であった方から、

土地所有者との関係や諸般の都合により不可能になったため、

3月1日付で認定の取り消しの依頼がありました。

 

当研究所としても、認定の要件であった活動の継続が困難であるなら、

残念ながら、今回の認定を取り消さざるを得ません。

依頼を受ける形で認定を取り消し、「認定保留」に変更します。

 

ただし、山水を田畑から家屋敷までまわし、

人が自然と折り合ってその恵みをいただく体系として

「大椿の山水の恵み」は、引き続き興味深いオモシロいものです。

今後状況が好転して活動が再開することを願うとともに、

活動が再開された際には、また認定候補として検討したいと思います。

   ロゴマークその1
   ロゴマークその1
   ロゴマークその2
   ロゴマークその2

Facebook

新着情報

地域人文化学研究所」に参加しませんか?

この扉、入るや?出るや?