寿ゞ家を使った催しについて

改修工事中の寿ゞ家ですが、

8月のお盆の時期に

足助ゴエンナーレを継ぐようなイベントの会場として

使う予定があります。

詳しくは詳細が決まり次第お知らせします。

 

今年度は、本館の大広間をこれまでのようには使えず、

花火鑑賞会を桟敷で見ることもできません。

しかし、新館の方は何とか使える部屋もあり、

何かで使おうと思えば、使えます。

 

また、改修工事中だからこそできるワークショップなどもあります。

ワークショップも現在企画段階ですが、

もし、何かに使いたい!とのご希望があれば、

こちらのコメント欄か、メールでご連絡ください。

現場と調整がつけば、お使いいただけるようにしたいと思います。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント