寿ゞ家壁塗り体験ワークショップ開催報告

既にフェイスブックでは報告済みですが、

寿ゞ家壁塗り体験ワークショップおよびその2の開催報告です。

 

開催日は11月9日(土)、30日(土)。

参加者はそれぞれ欠席や飛び入り参加を含め、10名、3名でした。

 

9日の第1回は、荒壁塗りに挑戦し、

寿ゞ家の概要案内の後、左官さんの講習を受けて即体験です。

和気あいあいと作業がすすみ、

大きな壁も塗りこめることができました。

作業の後には、足助の和菓子とお茶をいただきながらの

寿ゞ家再生プロジェクトについての意見交換も行いました。

 

参加者の皆様からは大変好評をいただき、当初1回のみのつもりが、

続きで第2回目(その2)も企画実施してしまいました。

 

11月9日の2回目実施の際には、

壁塗りの他に外壁に貼る板の塗装なども体験メニューとしました。

こちらも好評でしたので、

また機会を捉えて、皆さんに楽しんでいただけるようなワークショップを企画したいと思います。

 

掲載した画像は、第1回の作業の様子です。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント