活動報告(5月分:寿ゞ家再生プロジェクト他)

5月23日 東の園PJ 便所横の片付け

絡まったツタで支えられているような崩れかけの便所の横には、植木鉢などが積み重なっていましたので、便所を壊す段取りをする為にもまずは片付けです。

地面の上のごみをどけてみると、やはり、土の中にも瓦などが埋まっている様子。

掘り出して文字通りの瓦礫の山を築き、またそれを運び出してきれいにしました。

作業途中にひょっこりお手伝いに来ていただいたKさん。

作業着を忘れたと言いつつ、

頑張って竹の伐採をしてくださいました。

大変ありがとうございました。

5月9日 東の園PJ 伐採伐採

東の園に生い茂った樹木の伐採と、地蔵小路沿いに堆積していた腐葉土や、園内地表のゴミ等の片付けを行いました。

以前は上から眺めても見えなかった地表が露わになり、日の光が明るく届くようになりました。

地蔵小路の景観も薮が無くなり、すっきりしました。薮があったことになれているので、少し寂しい感じもしますし、薮の代わりに建物の傷みが目立ってしまいますが、これも生活環境向上の途中経過で。

作業途中では根本が腐りかけていた木をもぎ倒したり、塀の基礎がすっかり腐ってなくなっているのを確認したり(つっかえ棒として放置してあった物干し台を使っています)。

戦利品はいろいろなゴミの山です。。。

東の園PJ 開始前の様子

寿ゞ家から地蔵小路を挟んで東側にある荒れ屋敷の庭。

ここを「東の園」と仮に称して、整備を開始します。

所有者さんの話では、もともと柿の木1本しかなかった庭は、すっかり薮になって、寿ゞ家から眺めても地面も見えません。

中に入っても物置の小屋掛けは崩れ、塀も崩れ、まさに再生プロジェクト開始前の寿ゞ家の状態。

東の園から見る現在の寿ゞ家の姿に、通り一本の隔世の感。

またここからオモシロいコトを起こしていきます。

   ロゴマークその1
   ロゴマークその1
   ロゴマークその2
   ロゴマークその2

Facebook

新着情報

地域人文化学研究所」に参加しませんか?

この扉、入るや?出るや?