活動報告(7月分:寿ゞ家再生プロジェクト)

11日は、

寿ゞ家再生プロジェクト作業として、主に新館の清掃を行いました。

また、お片付けのプロ・ライフオーガナイザーの月足様にお越しいただき、

寿ゞ家のモノの片付けの相談と、

8月8日に開催を予定している「お片付けワークショップ」の打ち合わせを行いました。

 

25日は、

これまた寿ゞ家再生プロジェクト作業として、

新館1階の階段下収納に押し込められていた火鉢などを一度出し、

すのこを組み合わせて簡単な棚を作って収納力を上げ、

再度モノを整理して収納することをしました。

 

収納場所やモノの清掃など、

午前中は若く美しい女性お二人にお手伝いいただきました。

午後からは、自称緑の妖精さんがお手伝いくださり、

また夕方頃には別にお二人の女性のお客様をお迎えし、

華やかな作業日となりました。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント