浴衣でゆく夏を惜しむ会 開催報告その1

8月16日(日)に寿ゞ家にて開催した

浴衣でゆく夏を惜しむ会の開催報告その1です。

参加していただいた方のおかげをもちまして、多くのきれいな画像が撮れましたので、

第一部から第三部の3つに分けて報告します。

その1は、第一部・まち歩きの様子です。

 

町歩きとは言っても、この日は酷暑。

まともに歩き回ったら倒れてしまいそうなので、予定を大幅に変更しました。

寿ゞ家を出てすぐに足助両口屋さんで「くずアイス」をいただき、

内側から体を冷やし、

またすぐに蔵の中ギャラリー・マンリン書店さんで

ギャラリーを拝見しながら空調の効いた中で涼ませていただきました。

マンリンさんには、営業中にもかかわらず、貸し切り・撮影許可をいただき、

通常ではあり得ない撮影会もさせていただくことができました。

これも寿ゞ家の催しならではの貴重な体験となりました。

 

ギャラリーの作品と一緒に、またマンリン小路、地蔵小路それぞれで

皆様きれいな浴衣姿を披露してくださいました。

画像をご覧いただければ、熱い中でも楽しげで涼し気な様子がお分かりいただけると思います。

(その1の画像は、時間の流れとしては逆送りの順番です。)

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    風楽 (金曜日, 21 8月 2020)

    昨今の暑い「日差し&熱風」
    「日本傘&浴衣姿」で、過ごすと
    「涼しさ�に、変わりますね�」

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

4月

13日

寿ゞ家の宴開催のお知らせ

2月の「新春の宴」までの節句ごとの宴を改め、

新たに「寿ゞ家の宴」を始めます。

できるだけ定期(当面は2月ごと)に

寿ゞ家での宴(集い)を催したいと思います。

 

初回は、4月27日(土)午後6時30分から。

場所は、寿ゞ家本館2階大広間

参加は、それぞれ好きな飲食物の持ち寄りで御随意に。

出入り自由です。

ついでながら

寿ゞ家再生プロジェクトへの寄付として500円/人をいただければ幸いです。

 

 

そして、話題提供者はいけばな作家・アートプロデューサーの

かとうさとる氏です。

 

適当に寿ゞ家の時空を楽しんでいただけるのも良し、

話者の話に聞き入るのも良し、

皆様のお越しをお待ちしています。

 

なお、予め参加していただける方は、

 

地域人文化学研究所のメール(catalyst-r@live.jp)へお知らせくだされば幸いです。

 

0 コメント