活動報告(10月25日)

屋根の改修工事のために本館にかかっていた足場が外されました。

大正時代の外観に近くなった本館の姿がお見せできるようになりました。

 

さて、今回の寿ゞ家再生プロジェクトの作業は、

東の園の整備(不要な植栽:ナンテン等の伐根)です。

当初は横から土を掘って根切りをしながら作業を進めていましたが、

残っていた幹をより短く伐採し、

地表からも土を崩しながらの作業に切り替えました。

備中鍬や唐鍬がなかったので、スコップとバールを用いましたが、

やはり開墾には開墾用の道具が便利なことがよくわかりました。

それでも、お手伝いいただいた方々のおかげで、

なんとか2/5くらいは掘り進められ、

今後の作業のめどがたちました。

 

そのほか、

本館地下のバーカウンター設置等について、

午前中は専門家のご意見を伺い、

午後には設計士と棟梁との打ち合わせを行いました。

さてその内容は、まだ発表できませんが、

乞うご期待です。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

6月

11日

寿ゞ家「夜咄」開催のお知らせ

「参州足助寿ゞ家界隈芸術祭」をやってみようか!?と

企画など夜に談義する会です。

 

日時:令和6年6月22日(土) 午後6時30分~午後8時30分頃

場所:寿ゞ家本館(豊田市足助町本町15) 2階大広間

内容: 発起人で現代いけばな作家・アートプロデューサーの、かとうさとる氏を話題提供者として、

   企画の方向性を探ることになりそうです。(どうなるかは現場次第w)

参加費等:無料。ただし、御自分が飲食するものはご持参ください。(皆さんと一緒に飲食するものも歓迎)

その他:

・足助の町並みやアート、面白いコトに興味がある方、何かコトを起したい方など、できるだけ多くの人に関わっていただき、楽しみながらやらかしたいと思っています。

・怪しい会ではありませんが、上記に関わらず怪しい人(他者を否定するような人の類い)の参加はお断りします。

・ちなみに「芸術祭」は地域人文化学研究所の主催ではなく、ワイワイと皆さんで作る実行委員会の主催になる予定

・今後、月1回程度の頻度で定期的に開催予定です。

0 コメント