11月の活動について

インターネット回線を引くことができた寿ゞ家の事務室から入力しています!

地域人文化学研究所の事務所として、これは大きな一歩となります。

さて、11月の活動日のお知らせです。

11月は、香嵐渓の紅葉の観光シーズンなので、

土日の交通渋滞等が想定されます。

そのため、11月は通常寿ゞ家で行っている活動をお休みにします。

ただし、本日のように管理等で必要な場合には、不定期に寿ゞ家を開けていますので、

足助の町並み歩きのついでに寿ゞ家の様子をご覧いただければ幸いです。

 

なお、寿ゞ家再生プロジェクトはお休みしますが、

とよた世間遺産の認定候補調査、宇都宮三郎顕彰活動など、その他の活動を行います。

また、「WE LOVEとよたフェスタ」への参画もします。

これらの活動は不定期になりますが、

 

活動へのご参加等ご興味のある方は、気楽にお問い合わせください。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント