活動報告(1月10日)

2021年最初の活動報告です。

1月10日に寿ゞ家再生プロジェクトの作業を行いました。

今回は、本館南庭の整備です。

 

この場所は、もともとコンクリートブロック積みの増築された浴室があった場所で、

今回の改修工事で増築部分を撤去したため、芦原になった地面です。

江戸時代には別の建物があったことが図面で分かっていますので、

石垣はその当時からのものでしょう。

ただし、浴室を増築するときに、石垣の最上部を取り外しているようです。

 

この場所を本館地階から眺められる庭にするため、

植栽や岩の配置をする計画をしています。

しかし、少し掘ってみると、浴室の基礎だと思いますが、

コンクリートのたたきが現れてきました。

まずはこれを撤去します。

 

つるはしとハンマーで地道にたたき、

石垣に近い部分や今後犬走を施工する部分を除いた範囲で

コンクリートを取り外していきました。

 

コンクリートを外した後にはたい肥を投入し、しばらくこのまま放置します。

これまで建物の下で固まっていた土の環境づくりです。

もう一か所、植栽を予定している部分も、土を掘ってたい肥を入れておきました。

そのあと、仮置きの岩などの再配置をしてみました。

 

一日かかるかと思った作業でしたが、

お手伝いいただいたおかげもあり、半日で終えることができました。

そのほかに、以前配置した新館玄関前の石組みが今一つしっくりしないので、

こちらの岩を入れ替えたり、

工事中、小路苑に仮置きしていた鉢植えを

北庭に戻したりしました。

 

本館の周囲がだんだんと庭らしくなってきました。

今後土づくりをしながら時機を見て、本館北庭など植栽をしていく予定です。

新着情報

Facebook

研究所標章

とよた世間遺産標章