活動報告(3月14日)

3月14日の寿ゞ家再生プロジェクト活動報告です。

今回は、百年庭園の整備をしました。

 

①まず本館北庭の仮に石を置いていた部分を整地、植栽。

②次に東の園で、埋まっていた排水路の掘り出し。

寿ゞ家にお越しいただいたHさんとHさんに作業をお手伝いいただき、

作業がはかどり、大変助かりました。

③そのあと、踏み石に使う予定の石を水洗い(画像はありません)。

踏み石にちょうどいい石が割れてしまったので、

次回接着するために、割れた面を中心にきれいにしました。

④最後に、東の園の清掃。

掘り出した排水溝に水を流して勾配の確認をして、

掘った土が雨で流れないように少し移動するなどしました。

こちらも、後からお越しになったKさんがお手伝いくださり、

作業が進みました。

 

作業にご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

またよろしくお願いします。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント