活動報告(4月25日)

寿ゞ家再生プロジェクト(百年庭園整備)の活動報告です。

 

今回は、午前中に南天の移植を行いました。

東の園にある太い南天の木を掘り起こして、寿ゞ家の庭へ移しました。

南天が生えていた塀の基礎沿いに、瓦が縦に並べて埋められていたため、

南天の根もその瓦を抱えて張っていたので、根掘りには相当苦労しましたが、

お手伝いいただいたおかげで何とか移植できました。

 

移植したのは、本館の南庭の西端。東の入口から見れば先日植えた椿の奥になります。

植えてみれば、もとからあったような感じで、

うまくお隣の壁の目隠しになりました。

 

画像は、①東の園移植前、②移植後、③根掘り前、④根掘りした後の大きな穴、⑤埋められていた瓦に絡む根、⑥瓦を取り除きながら作業途中、⑦根切りした後は力業勝負、⑧掘り出した根、⑨寿ゞ家本館南庭の移植前、⑩移植後、⑪ついでに保護したエビネラン

午後からは、小路苑と一隅舎の庭の整備です。

環境が合っているのか繁殖しすぎるツワブキを

情け容赦なくすべて伐採、ついでに除草。

続いて一隅舎の南庭もツワブキの除去と除草をしました。

こちらもお手伝いいただいたおかげで、作業がはかどりました。

寿ゞ家本館北庭では、庭石の設置(縦にする)もできました。

 

画像は、①小路苑でのツワブキなどの除去作業、②作業前の小路苑、③作業後の小路苑、④一隅舎南庭の作業、⑤⑥作業前、⑦⑧作業後、⑨寿ゞ家北庭に設置した石

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    endy (月曜日, 26 4月 2021 07:12)

    ようやく、花粉から開放されますので、また伺います!

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

4月

13日

寿ゞ家の宴開催のお知らせ

2月の「新春の宴」までの節句ごとの宴を改め、

新たに「寿ゞ家の宴」を始めます。

できるだけ定期(当面は2月ごと)に

寿ゞ家での宴(集い)を催したいと思います。

 

初回は、4月27日(土)午後6時30分から。

場所は、寿ゞ家本館2階大広間

参加は、それぞれ好きな飲食物の持ち寄りで御随意に。

出入り自由です。

ついでながら

寿ゞ家再生プロジェクトへの寄付として500円/人をいただければ幸いです。

 

 

そして、話題提供者はいけばな作家・アートプロデューサーの

かとうさとる氏です。

 

適当に寿ゞ家の時空を楽しんでいただけるのも良し、

話者の話に聞き入るのも良し、

皆様のお越しをお待ちしています。

 

なお、予め参加していただける方は、

 

地域人文化学研究所のメール(catalyst-r@live.jp)へお知らせくだされば幸いです。

 

0 コメント