活動報告(7月24日)

7月24日の活動報告です。

寿ゞ家本館大広間は貸し出しでミニ四駆のレース会場となり、熱戦が繰り広げられました。

ライブ配信の熱い解説を聞きながら、

寿ゞ家再生プロジェクトの作業は、本館南庭の整備を行いました。

この日はにわか雨が断続的に降ったため、

屋根のある部分の整備を行いました。

少し本職っぽく水糸を張ってラインを確認しながら、

犬走の境界に瓦を並べ、石を設置しました。

この部分も少しずつ形が見えてきました。

今後の変化にご期待ください!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    norihiko kondou (月曜日, 26 7月 2021 11:54)

    瓦で仕切り。本格的・・完成した時の満足感・・皆さんの顔がうかびます。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント