活動報告(10・11・12月)

10月からは「寿ゞ家の宴」を

重陽の宴・名月の宴・十三夜の宴・忘年の宴と毎月開催し、

その余韻に浸っていたわけではありませんが、

活動報告がまとめてになってしまい恐縮です。

宴の様子については、公式Fbに映像等をあげていますので、

ぜひ御覧ください。

外部リンク→「重陽の宴

名月の宴

十三夜の宴

忘年の宴」(本編は今後アップします。)

 

さて、10月から12月の活動は、寿ゞ家再生プロジェクト作業を継続し、

特に百年庭園の手入れを行いました。

仮の姿ではありますが、地盤を整え、

土が流れないようにリュウノヒゲや万年青などの植栽をし、

一部は畑として大根も育ててみました。

 

百年庭園では夏から秋にかけては種をまいたワイルドフラワーやひまわりの花が咲きました。

夏に花開いたひまわりのこぼれ種から、またひまわりが育ち、

12月末まで花が咲いていたのは、

重伝建の古い町並みの中でなかなか異界の眺めでもありました。

現在は、ひまわりがあった場所にレンゲソウの種をまいて育てています。

(春の花の時期に土にすき込んで土を肥やす予定です。)

 

忘年の宴で皆さんにふるまいたかったのですが、

畑の大根は日当たりの関係か大きく育たず、年を越しました。

また別の利用を考えます。

 

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

6月

11日

寿ゞ家「夜咄」開催のお知らせ

「参州足助寿ゞ家界隈芸術祭」をやってみようか!?と

企画など夜に談義する会です。

 

日時:令和6年6月22日(土) 午後6時30分~午後8時30分頃

場所:寿ゞ家本館(豊田市足助町本町15) 2階大広間

内容: 発起人で現代いけばな作家・アートプロデューサーの、かとうさとる氏を話題提供者として、

   企画の方向性を探ることになりそうです。(どうなるかは現場次第w)

参加費等:無料。ただし、御自分が飲食するものはご持参ください。(皆さんと一緒に飲食するものも歓迎)

その他:

・足助の町並みやアート、面白いコトに興味がある方、何かコトを起したい方など、できるだけ多くの人に関わっていただき、楽しみながらやらかしたいと思っています。

・怪しい会ではありませんが、上記に関わらず怪しい人(他者を否定するような人の類い)の参加はお断りします。

・ちなみに「芸術祭」は地域人文化学研究所の主催ではなく、ワイワイと皆さんで作る実行委員会の主催になる予定

・今後、月1回程度の頻度で定期的に開催予定です。

0 コメント