活動報告(4月27日)・寿ゞ家の宴

4月27日の活動と寿ゞ家の宴の報です。

 

再生プロジェクトの作業は、

雨模様の天気だったので、百年庭園の整備はほどほどに、

寿ゞ家内の掃除をメインに行いました。

百年庭園の様子といえば、

土を肥えさせるために種をまいたレンゲソウがなぜか枯れてしまって、

代わりにほかの草(いわゆる雑草)が元気に育ってしまっていました。

早めに除草や耕起して土の改良を図りたいところです。

それでも、季節のワイルドフラワーが咲いてくれているところもあり、

心なごみます。

 

さて、同日の夜に開催した「寿ゞ家の宴」では、

いけばな作家・アートプロデューサーのかとうさとる氏が

話題提供者となり、

先日開館した豊田市博物館の話から郷土史への展望が第一部。

そして一部に「空白の時代」と言われる現代が、

実は多様に豊かな時代であること、

それを表現して伝えたいことなどの第二部から、

都市の文化を測る尺度としての出版や

かとうさとるさんがプロデュースするイベントを

寿ゞ家界隈で行うための組織づくりの提案もありました。

これについては、

寿ゞ家の宴とは別の「夜咄」の形で話し合うことにしたいと思います。

また決まり次第お知らせします。

 

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

6月

11日

寿ゞ家「夜咄」開催のお知らせ

「参州足助寿ゞ家界隈芸術祭」をやってみようか!?と

企画など夜に談義する会です。

 

日時:令和6年6月22日(土) 午後6時30分~午後8時30分頃

場所:寿ゞ家本館(豊田市足助町本町15) 2階大広間

内容: 発起人で現代いけばな作家・アートプロデューサーの、かとうさとる氏を話題提供者として、

   企画の方向性を探ることになりそうです。(どうなるかは現場次第w)

参加費等:無料。ただし、御自分が飲食するものはご持参ください。(皆さんと一緒に飲食するものも歓迎)

その他:

・足助の町並みやアート、面白いコトに興味がある方、何かコトを起したい方など、できるだけ多くの人に関わっていただき、楽しみながらやらかしたいと思っています。

・怪しい会ではありませんが、上記に関わらず怪しい人(他者を否定するような人の類い)の参加はお断りします。

・ちなみに「芸術祭」は地域人文化学研究所の主催ではなく、ワイワイと皆さんで作る実行委員会の主催になる予定

・今後、月1回程度の頻度で定期的に開催予定です。

0 コメント