プロジェクト開始期の様子(平成25年)

プロジェクト前の寿ゞ家(外観)

プロジェクト開始前の寿ゞ家は、放置された庭木が生い茂り、門や玄関をふさいでまともに中に入れず、屋上庭園の草木もジャングル状態で、遠目には完全に廃墟状態でした。

プロジェクト前の寿ゞ家(内部)

建物内部は、本館・新館ともに大量の生活用品がそのまま残され、また小動物(主に猫)が住処にしていたため、それらの物品が散乱したり糞尿があったりと、外と変わらないくらい荒れていました。床には厚く埃がたまり、土足でなければ畳の上も歩けませんでした。

大学生ワークショップ作業、屋根上露台撤去作業

植栽の整備

屋上庭園と外構の整備

再生ワークショップ開催

講座「足助の町並みのデザインを考える」開催など

不要残置物等の片付け(作業前)

不要残置物等の片付け(作業中・作業後)

地蔵小路環境整備

整備前
整備前
整備後
整備後

南庭一応のお披露目会(平成28年3月21日)

 平成27年度に整備した庭のお披露目会で配布した資料を掲載します。整備前の廃墟のような様子や、整備作業の一部を紹介しています。

お披露目会資料(わくわく報告用).pdf
PDFファイル 2.9 MB

Copyright (C) 2013 地域人文化学研究所 All Rights Reserved.

新着情報

Facebook

研究所標章

とよた世間遺産標章