寿ゞ家再生プロジェクト作業報告(4月11日)

 足助春祭りのお囃子が聞こえてくる中、平成27年度の寿ゞ家再生プロジェクト作業の初日となる今回は、空中庭園跡の土を取り除くことと、その土を今年から管理している地蔵堂庫裏の中庭に運んで庭づくりをすることを行いました。

 作業前と作業後の様子の違いをご覧ください。作業に参加された鈴木君と小林さん、お疲れ様でした。空中庭園の変化もずいぶんとわかるようになりました。地蔵堂庫裏の庭も土が入って形ができつつあります。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Connie Avans (水曜日, 01 2月 2017 02:11)


    Wow, this paragraph is fastidious, my younger sister is analyzing such things, therefore I am going to tell her.

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント