寿ゞ家再生プロジェクト作業報告(6月27日)

今回は南庭の塀の解体を主に行いました。ただし、午前中は建具等の打ち合わせになったため、午後からの作業になりました。

まずは腰板をはがし、段取りを行ってから土壁を壊し始めました。最初はどうやったら効率的か、処分のための分別がやりやすいかを試しながらでしたが、要領が分かれば後はガンガンやれました。おかげでずいぶん風通しがよくなりました。

破壊行為、ストレス解消になるかもです。その後の片づけを除けば。。。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント