地蔵小路の空間デザイン(赤提灯)

たんころりんと足助夏祭りの期間中、

8月13日・14日に限定して飾り付けた

地蔵小路の赤提灯です。

昨年に続き2回目となります。

 

小路苑が整備されたので、昨年度とは少し配置が異なりますが、

赤提灯の列は、地蔵小路の怪しげな魅力を引き立ててくれました。

この光に誘われるように、

普段は入り込まない小路へと、

多くの来訪者が街道筋から入ってくる様子が観察されました。

 

地蔵小路の空間演出の実証実験として、

規模の拡大の方向で、今後も続けてみたいと思います。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント