寿ゞ家 本館の屋根、瓦とれました!

寿ゞ家再生プロジェクト第2期工事の進捗報告です。

5月18日に足場を組み始め、5月25日から瓦を下ろす作業が始まり、

二日目にしてほとんどの瓦が外され、葺き土が露わになりました。

 

瓦を下ろして葺き土の状態

5月31日には、葺き土もすべて撤去され、野地板も半分が撤去された状態で

設計士、建築士、施主と現場打合せをしてきました。

屋根材も、おそらく以前の「鈴屋」の建物から転用した材が多用されてはいますが、

予想外に雨漏り等の影響がなく、意外と状態が良いことが確認できました。

この後の工事の打ち合わせをして、

 

6月下旬までは、このような小屋組みが見られるとのことです。

(もちろん足場を登ってですが。)

野地板を半分外した状態

   ロゴマークその1
   ロゴマークその1
   ロゴマークその2
   ロゴマークその2

Facebook

新着情報

地域人文化学研究所」に参加しませんか?

この扉、入るや?出るや?