現場見学会!のお知らせ!!(寿ゞ家本館小屋組み)  

寿ゞ家再生プロジェクト第2期工事で、

現在、寿ゞ家本館の小屋組みが露わになり、

普段は見られない部分を見ることができます。

その期間は、再び野地板を設置する6月下旬まで。

 

そこで、せっかくなので現場見学会を催します!

日時は、6月14日(日)、21日(日)

いずれも午後1時30分から午後3時まで

 

【参加申し込み】

・当日現地集合ですが、あらかじめ参加希望日をお知らせいただければ、優先します。

 研究所のメール、フェイスブックのメッセージ宛に、お名前と人数をお知らせください。

 

【注意事項】

・足場を登らなければ見られないので、高所恐怖症の方の参加は絶対に無理です。

 (高いところが大好きで興奮してしまう人も、かえって危険ですw)

・安全上、一度に足場を登ることができる人数が限られますので、

 数人ずつの対応になります。

・雨天実施、強風等の荒天時は中止。(当日の現場判断)

・参加の際は、動きやすく汚れても良い服装で、靴は運動靴等滑りにくいものを着用してください。

 

よろしくお願いします。

新着情報

Facebook

Facebook(代表理事)

研究所標章

とよた世間遺産標章

2024年

1月

30日

宇都宮式改良竈の調査!

「旧家の竈についてどのようなものか見てほしい」との依頼を受け、

岐阜県にある、文化財にも指定されたお屋敷に伺いました。

カッテニワに3基の竈があり、

そのうち築造が最も古いと思われる竈が、宇都宮式改良竈でした。

おそらく明治27年頃に築造されているので、大分改良されたもので、しかもこれまで見たことがない装置もありました。

調査とは言っても、現場確認まででしたが、ふつふつと興味が高まる内容でした。

0 コメント