富永の未来をつくる会

富永町(稲武地区)のまちづくりに関するコーディネート

富永まちづくり計画概要版
富永の未来像「山里暮らしの理想郷・富永」をつくるための目標を設定した計画です。この計画に沿って、住民自らが個々の具体的な活動を計画・実施・連関していきます。
富永まちづくり計画概要.pdf
PDFファイル 402.8 KB

富永町位置図

活動の経過

2016年

4月

24日

富永の未来をつくる会活動報告(4月23日)

 

今回は、各重点事業の実施グループから活動の報告の後、

富永町を紹介するパンフレットと、ほおずき庵のチラシのデザイン案の検討を主に協議しました。

 

各グループからの報告の中には、自分たちのために自分たちで計画した事業の実施を、

予定通りにすすめることができない部分がありました。

 

それについて、あえて下記のような苦言を呈しました。

 

まずは、富永の集落をなくさずに維持することを選んだのは、

富永の皆さん自身であること、

そして今設定した目標を一つずつ達成しなければ、

10年後の富永は確実に無人になることを再認識していただきました。

 

また、富永の未来をつくる基本計画の実施に際しては、

 

・予定通りできないことの理由を把握し、

 その対処をすぐに検討して、次の予定をすぐに設定すること。

 

・主に動くことができる人は限られているとしても、

 協力を求めることをあきらめずに周囲に知らせること。

 

をお願いしました。

 

 

これらの発言に対しては、力強いお答えも帰ってきたので、今後の実践に期待します。

 

 

そして、パンフレットやチラシの作成については、

 

グループ長から発表された案を検討し、

主なターゲットである子供連れの家族層に向けたデザインの採択を決めました。

内容についてもう少し手を入れなければなりませんが、

これまでとは一味違った印刷物が出来上がる予定です。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

4月

14日

新緑の駒山登山の催しのご案内

新緑の駒山を、「山里暮らしの理想郷・富永」から登り、山頂付近の幻の山寺・小馬寺を探訪します。

下山後には交流会などもあります。

詳細は下記のとおりです。ぜひ気楽にご参加ください。

続きを読む 0 コメント

2016年

3月

13日

富永の未来をつくる会活動報告(3月12日)

 

前回の会議で作成した案に実効性を加味した来年度の事業計画について、

各グループから発表がありました。

 

プロジェクトAからは、実行しなければならないことを、

実施時期を明らかにした計画の発表がありました。

ほおずき庵の経営についてかなり踏み込んだ計画になっています。

プロジェクトBからは、景観づくりのための植栽について、

アンケートをまとめた様々な案が提案されました。

具体的な作業が進みそうな取り組みになってきました。

 

そして、プロジェクトCについても、現在進めている事業の進捗状況の報告がありました。

次回はその活動の成果としてのデザイン案を検討できると思います。

続きを読む 0 コメント

2016年

2月

22日

富永の未来をつくる会活動報告(2月21日)

 

今年度の活動の振り返りと、来年度の計画づくりについて話し合いました。

 

「山里暮らしの理想郷」を目指した基本計画に基づいて3つの重点プロジェクトを立ち上げ、それぞれに話し合いながら活動を続けてきました。

 

小馬寺の探訪も加えたウォーキングの実施など様々な活動をしてきましたが、未来を望みつつ来年度の活動の目標を明確にするためにも、年間計画の作成・発表をしてもらいました。

 

続きを読む 0 コメント

2016年

1月

24日

富永の未来をつくる会報告(1月23日)

国道153号線の水別峠から富永への市道に入ると、道には雪が厚く積もっていました。

ここに通うために穿いたスタッドレスが威力を発揮、難なく集会所へ着くことができました。

が、そこはやはり雪国の世界でした。

 

さて、今回の富永の未来をつくる会では、

来年度の活動計画に向けて各プロジェクトの課題懸案事項を提示し合いました。

特にほおずき庵の活用については、過去の経緯とこれからの活用の目的に差異があり、

今後を見据えて意識の変化も求められます。

また、富永の広報戦略も、誰をターゲットにするのかを明確にして、

どのように伝えていくか明確にしなければなりません。

富永の豊かな資源からどのように物語をつくるのか、

次の会までに計画を練り直していただきます。

それぞれのチーム、人の気持ちに期待します。

続きを読む 0 コメント
   ロゴマークその1
   ロゴマークその1
   ロゴマークその2
   ロゴマークその2

Facebook

新着情報

地域人文化学研究所」に参加しませんか?

この扉、入るや?出るや?